手持ちのコートの種類と上手にクリーニングに出すためのコツ

ビジネス用に頻繁に着たコートをクリーニングに出すときのポイント

 

寒い時期に仕事で毎日通勤に着ていたビジネス用のコートは、通勤時の電車の中の暑さで冬でも汗がたっぷり染み付いていることが珍しくありません。さらにコートは最も外側に着る衣料品なので、外部からのホコリなどの汚れも一手に引き受けてくれる存在で、ワンシーズン着た後にはかなりの汚れが蓄積されていることが考えられます。特にウールやカシミヤなどの上質のコートを愛用している人の場合、いつまでも永く着るためにも適切なタイミングでクリーニングに出すことは汚れ落としだけでなくコートを長持ちさせるためにも絶対に欠かせません。ただし、あまりにもひどい汚れがついてしまっている場合なら別ですが、あまり頻繁にクリーニングに出しすぎることはかえって衣類を弱めてしまうことにも繋がるので、一般的にはそのシーズン着て終わったらクリーニングに出すという頻度がオススメです。しかし、毎日の通勤や外回りのときに着続けたコートは全体的な汚れよりも手首やポケット周り、前立ての部分など、比較的汚れやすい部分が決まっています。シーズン中に汚れが少し気になるときには、固く絞ったタオルで軽く表面を拭く程度のお手入れをしておくのがオススメです。

 

 

 

あまり着なかったダウンコートはクリーニングが必要?

 

ダウンコートはプライベートだけでなく、近年はビジネス用に通勤として着用する人もいます。ビジネス用のダウンコートならかなり頻繁に着るかもしれませんが、何着か持っているダウンコートの中でもシーズン中に1回か2回しか着なかったダウンコートの場合、クリーニングに出すのもなんだかもったいないような気分になってしまいがちです。ウールやカシミヤのコートなら見た目にはほとんど汚れがわからなくても、一度でも着たらほこりや汗などがついてしまい、そのまましまうと虫食いやカビなどの原因になることも十分に考えられます。けれどもダウンコートは通常は表面がナイロンなどのつるつるとした素材で出来ているので虫食いなどの心配はまずないのですが、一度でも着ると首周りに汗などがついていることは十分考えられます。そのまましまうとカビを発生させる原因になることが考えられるので、出来ればクリーニングに出しておくようにしましょう。ただし本当に1度か2度しか着ていなくてほとんど汚れがついていないなら、えり周りや袖周りなどを中性洗剤をお湯で溶いた液に浸して軽く絞ったタオルなどで軽く拭いて汗汚れを取り除いておくことが必要です。さらにその後きちんと乾かし、乾燥剤や防虫剤と共にしまっておくことは必須です。

 

 

 

翌シーズンに出してみたらコートにカビが生えていた時の対処法

 

前のシーズンによく着たコートをきちんとクリーニングに出して保管しておいたのに、次のシーズンに出してみたらカビが生えていた…こんな経験をする人は少なくありません。一度でも着た衣料というのは汚れていないように見えても汗や皮脂などがついているためにかびやすくなるものです。でもきちんとクリーニングに出しておいたはずなのに何故?と思うかもしれませんが、それにはクローゼットの中の環境が関係しているかもしれません。洋服をかけておくクローゼットの中というのは実は案外湿度が高くカビが発生しやすい状況だといわれています。カビというと梅雨のじめじめした時期だけのものと思いがちですが、空調設備の整った機密性の高い現代の住宅では一年を通してかびのリスクと隣りあわせだといえます。せっかくクリーニングに出して綺麗にしておいたはずの衣服も、クローゼットの中に汚れた衣服が含まれていて、もしもその衣服がかびてしまうと、カビが他の衣類にまで移ってしまうことが十分に考えられます。そのためクリーニングに出しておいたコートまで場合によってはかびてしまうことになるのです。クローゼットの中は定期的に空気を入れ替えたり除湿剤などを有効に使うことで少しでも湿気をためないようにすることが大切です。けれどもカビがかなり目立つ場合には再度クリーニングに出すことが必要ですが、その度合いによっては追加料金が発生することもあると覚悟しなければなりません。

 

 

 

クリーニングから戻ってきたコートのオススメ保管法

 

シーズン中によく着たコートはシーズンが終わったら必ずクリーニングに出すようにしましょう。その際には気になるしみなどがあったら、出す前に目印をしておくと落としてもらいやすくなります。そしてクリーニングに出してから戻ってきたコートは、必ず埃よけのカバーは取り除いて保管するようにしましょう。クローゼットの環境によって、せっかくきれいになったのに埃が気なってしまうというときには、全身を覆うカバーではなく、肩カバーなどを活用するのがオススメです。また、シーズンオフの衣類でも、しまうときにたくさんつめすぎるのは湿度を保ちやすくなってしまうため要注意です。時々保管場所から出してクローゼットの中を乾燥させることを心がけましょう。

 

気になるコートのクリーニング料金はコチラをご参照ください。