子供用のコート!洗濯とクリーニングの使い分けどうする?

画像

私は名古屋市内在住32歳の主婦です。

 

夫と小学生2人の4人家族です。

 

子供は二人共男の子で、サッカーをしていますので、我が家は毎日洗濯物を動かしております。

 

夏休みは洗濯機を3回回すこともあります。

 

しかしコートのクリーニングは皆さんどうしていますか?

 

私は子どもたちのコートはダウンコートやブルゾンジャケットなので、お家のドライクリーニングで洗濯機で洗っています。

 

しかし夫のウールのコートや私が去年奮発して買ったモンクレールのコート、またロングコートなど、大人のコートの方はクリーニングにお願いしています。

 

皆さんはコートのクリーニングは何回くらいの頻度で出していますか?

 

結構多いのが、冬の間に1回しかしない、という方が多いようです。
しかし実は、コートは汗やホコリなど外気から様々なもので汚れています。

 

とくに袖口はお買い物するときに、ものに当たったり、テーブルの上をすったりと、汚れやすい場所でもあります。

 

また首周りはファンデーションがつきやすい部分です。

 

意外と汚れているコート。

 

理想的なクリーニングの出し方は、シーズン中に1回出してきれいにする。

 

そしてシーズンが終わってもう一度クリーニングに出して、次のシーズンまで待つ、というのが良いです。

 

またコートのクリーニングは結構値段がたかいですよね。

 

ダウンコートは1000円から3000円くらいします。
汚れがあるとさらに追加料金が、かかってしまいます。

 

では追加料金なしで安くクリーニングに出す方法は、自宅でもケアをすることです!

 

自宅で一手間かけるだけで、コートはきれいに保つことが出来ます。

 

例えばウール用のブラシ。
コートについたホコリや、汚れ、他のニットからついた羽毛などをすべて取り除いてくれます。

 

最近はコート用のクリーニングブラシが楽天などで販売されていますので、一家にひとつあると良いですよ。

 

特に白や薄い色のコートは汚れが目立ちますから、早めにブラッシングして、お手入れするのがおすすめです。

 

コートをクリーニングに出すのはシーズンに1回だけの人が多いので、真冬のクリーニング屋さんはお客様呼び込みのキャンペーンをしていることがあります。

 

コートのクリーニングは高いのでキャンペーンで少しでも安くなったらうれしいです。

 

コートは汚れが目につかず、クリーニングに出すタイミングが困りますが、シーズンに2回は出すことが、コートをきれいに保てる秘訣です!

 

特にスプリングコート(春先のコート)も汚れたままにしていると、花粉をコートに溜め込んでいることになります。

 

花粉症の人は自分のコートや服装すべてに花粉がついていることを忘れないようにしましょう。

 

我が家もそうですが、下着やTシャツ、パジャマなど、肌の近くに来ているものは、頻繁に洗いますが、コートやジャケットはまだ汚れる「予定」だからクリーニングには出さない。
と躊躇する人が多いようです。

 

うちの子どもたちは二人共サッカーを、やっていますので、ジャケットもコートも結構汚れます。

 

汚れたままにすると、お家でドライクリーニングできなくなるので、子どもたちの分だけは、ワンシーズンに何度も洗っています。

 

私は名古屋市内に住んでいますが、名古屋駅のクリーニング屋さんは、冬の時期によくクーポンをくれます。

 

合計2000円以上のクリーニングをすると、300円の割引クーポンをもらえるので、嬉しいです。

 

主婦はどんなおまけやプレゼントでも安くなる事が、何よりも嬉しいですからね。

 

またお店によってはクリーニングの種類がいっぱいあるので、行きつけのクリーニング店のメニューはよく目を通しておくほうが良いです。

 

本当は自宅でも洗えるものをクリーニング代で1000円使ってしまったとか、よくある話です。

 

なるべく家で洗えるものは家で洗いたいですよね。

 

よく服についている素材などを読んで、自宅で洗えるものは自宅でクリーニングが基本です。

 

ウールのコートやダウンコート、ロングコートはクリーニング店にお願いするものですので、普段から自宅ケアを忘れないようにしましょう。

 

あとはコート選びですが、洋服店でコートを選ぶときに、かっこいいか、と言って素材をあまり見ずに買う人が多いと思います。

 

しかし先程も言ったように、出来れば自宅で洗濯できるものが一番です。

 

ダウンコートでも自宅で洗えるコートというものが、出ています。

 

コートを購入する時にデザインだけでなく、クリーニング代も視野に入れて選ぶと通な感じがしますね。

 

また自宅でクリーニングした場合に、湿ったままのコートをクローゼットに入れる人がいますが、それはカビの、原因になるので、辞めましょう。

 

とくにウールのコート、ロングコートは完全に乾くまで時間がかかります。

 

しっかり完璧に乾かしてから収納することです。

 

私は洗濯が大好きです。
育ち盛りの子供がいるので毎日洗濯機がフル稼働しております。
出来るだけすべての洗濯物を自分で洗いたいところですが、素材によってはプロにお任せします。

 

毎日の洗濯を上手にこなすポイントは服の素材を把握しておくこと。
服を買ったときに裏のタグを見ての洗い方を確認すること。

 

クリーニング店は利用する回数を決めること。
例えばコートはクリーニングはシーズンに2回です。

 

自宅で服をきれいに洗濯してケアをすればクリーニングに高いお金を払わなくても済みます。

 

まずは正しい洗濯の仕方と自宅ケアを学んでクリーニング店を上手に利用しましょう。