普段使いとそうでないコートのクリーニング

画像

コートというと、出勤用に使うものもあれば、特別なときにのみ着るものもあります。

 

また、家族のもあると考えると、家庭で何着もコートがあると思います。

 

そういったものを一気にクリーニングに出すとなると、大変です。

 

自分のものは、自分でどういう状態か分かっているでしょうからまだ良いです。

 

ですが、家族のものとなるとどうでしょう。

 

子供の場合ですが、どういうふうに扱っているか分かりません。

 

見た目は綺麗に見えてもポケットにとんでもないものが入っていたり、なんか汚いということもあります。

 

なんか汚いだけならまだしも、色々入っていると大変なことになってしまうので、クリーニングに出す前に絶対にチェックして、何か入っていたら取り出すようにしてください。

 

それは旦那さんに関してもそうです。

 

ついつい、何かをすぐにポケットに入れてしまう癖がある人は結構います。

 

家に帰ってすぐに気づいて出してくれればまだ良いのですが、気づかずにそのままなんて可能性もあります。

 

よりによって大切なもの入れてしまう可能性もあるので、いっそ毎日でもチェックしたほうが良いのかもしれません。

 

ただ、それだと旦那さんが嫌がるかもしれないので、せめてクリーニングに出す前にチェックしておくようにしてください。

 

もちろん、自分もつい何かを入れている可能性はあるので、チェックは怠らないようにしてください。

 

コートをクリーニングに出すときは、つい忙しくて色々なチェックも疎かにしてしまうかもしれませんが、本当にちょっとというか大まかで良いので、何か入っていないかだけでもチェックしてください。

 

お店の人も、預かったものの中に色々入っていたら困りますし、それが貴重品だったら尚更です。

 

気づかないうちに落としてしまう可能性もないとは限らないので、そうならないようにチェックはしっかりしてください。

 

忙しかったからとか、急いでいたというのは言い訳にはならないと思います。

 

自宅で洗濯をしたとき、ティッシュが入っていてとんでもないことになったこと、経験ありませんか。

 

クリーニングはプロが行うのでそういうことは起こりにくいとは思いますが、思いがけずカスが入っているということは十分ありえます。

 

それが悪さをするかもしれません。

 

そうなってはお店の機械を故障させてしまうかもしれません。

 

そんな大袈裟なと思う人もいるかもしれませんが、そういう事態を予め想像しておく必要はあるのではないでしょうか。

 

別にそれで責任を取らされることはないでしょうが、やはり向こうからしたらとても困るわけですから、そういう気遣いがあっても良いと思います。

 

また、そもそもいつクリーニングに出したら良いのかということですが、普段使いしているコートなら、シーズンオフのときにまとめて出してしまいましょう。

 

シーズン中に出しても良いのですが、そうすると何かと不便ではないでしょうか。

 

選ぶのが大変なくらいコートで溢れているなら一着くらい無くてもあまり困らないかもしれませんが、限られたコートの中でやりくりしていたり、そもそもこだわりがないという人のほうが多いと思います。

 

シーズン中だと色々困ってしまうと思うので、いっそシーズンオフに出せば困ることもないでしょう。

 

持って行くのと持って帰るのは大変になるかもしれませんが、しょっちゅうやることではありませんし、そこは許容範囲ではないでしょうか。

 

ですが、コートと言っても特別なときに着ていくコートもあります。

 

そういうのは普段使いと違って、色々と気になることも多いのではないでしょうか。

 

確かに、着ようと思ったときにアクシデントで着れないとなるともうどうしようもありません。

 

それなら、一度着たらもうクリーニングに持って行ってはいかがでしょうか。

 

滅多に着ないものならそれでも大丈夫だと思います。

 

普段使いとは違うものですから、念には念を入れても良いと思います。

 

そのくらい気を使っても損はしないと思います。

 

普段使いと同じ管理方法では、肝心なときに周りと差がついてしまいます。

 

古臭いと言ったら言いすぎですが、着古した感があまりに出てしまうと、周りと浮いてしまうこともあるかもしれません。

 

ですので、普段使いではないコートは着るたびにクリーニングに出して綺麗に保っておくようにしましょう。

 

そういうふうにしておけば、着古した感も出ないと思いますし、着ることになったときも綺麗になったものを着られるわけですから、見た目をあまり気にしなくて良いと思います。

 

見た目を気にしすぎるのは疲れるかもしれませんが、やはり気にしなければならないときはあります。

 

そこを見誤らないようにしてください。

 

季節や場所によっては、コートでその人の印象が決まってしまうこともあります。

 

ちょっとサボっただけで、あの人はだらしないと思ってしまう人もいるかもしれません。

 

そうならないように、普段使いではないコートは特に色々と気をつけましょう。