冬物のコートは出来ればクリーニングに出しておきたい

画像

あまり着ていないと思っても油断は大敵

 

冬になれば誰もがコートを着る機会が増えます。たくさんのコートを持っている人でも数着のコートを上手に着まわしている人も、シーズンが終わったときに頭を悩ませるのがクリーニングです。お気に入りでシーズン中出番がとても多かったコートや、うっかり何かで汚してしまったことがはっきりとしているコートなら迷わずクリーニングに出すのですが、シーズン中にほんの数回しか着ていないようなコートの場合、見た目にはほとんど汚れている様子もないし、このまましまっても大丈夫なのでは?と誰しも心の片隅で思ってしまうものです。冬物のクリーニングはコート以外にも多くのアイテムがあり、家で簡単に洗濯できるものばかりではないのでどうしてもクリーニング代がかさんでしまいがちです。だからこそほとんど着ていないコートなどの大きなものは、ほこりだけ取り除いて乾かせばそのまましまってしまおうかと悩んでしまうのも無理のないことです。けれども外で着たコートというのは見た目にはほとんどわからなくてもちりや埃などが必ずついてしまうものです。さらに首の周りなど直接肌に触れるところは汗や皮脂などがついてしまいます。その人のライフスタイルによってももちろん異なるのですが、シーズン中に一度か二度しか着ていないコートというのはフォーマル用だったり比較的上等のものが多かったりするので、余計にクリーニング代も高額になるためつい考えてしまいます。でも上等のウールやカシミヤなどで出来たコートだからこそきちんとクリーニングに出して保管することが大切になります。目に見えなくてもわずかな埃や汗などがついた部分は虫の餌になりやすく、翌シーズン出してみたら虫食いが出来ていたなんて悲惨なことに繋がりやすいものです。また虫食いはもちろん大きな痛手ですが、虫食いにまでいたらなくても数回着ただけだからとクリーニングに出すことなく保管したせいで表面にカビが生えてしまったというのも良くあるトラブルです。さらにカビの場合、同じクローゼットの中の別の服までカビを生やしてしまう可能性もあるのでとくに要注意です。こうなってしまうとせっかく一回分のコートのクリーニング代金を節約したつもりでも、結局虫食いが出来て着ることができなくなってしまったり、他の衣類にまで被害が及んでクリーニングのしなおしでかえって高くついてしまうなど本末転倒の結果に繋がりかねません。だからこそ、ウールなどの上質の素材で出来たコートは、たとえ数回しか着ていなかったとしてもきちんとクリーニングに出しておくことが必要です。

 

 

 

しっかりとクリーニングで汚れを落としてもらうためのコツ

 

クリーニングに出すときにそのまま出すだけでなく、気になる汚れがあるときには必ずその部分を指定して汚れ落としをしてもらうようにします。原因のわかっている汚れ、例えば食べこぼしなどは汚れている部分を指定するだけでなく、わかっているなら何をこぼして汚れてしまったか原因まで伝えるようにすると、クリーニング店のほうでも汚れを落としやすくなります。もちろんクリーニング店はプロなので汚れの種類を見分けて落としてくれる技術を持っているのですが、大量の衣類の全てを丁寧に見極めるのはやはり至難の業なので、持ち主が汚れに関する情報をきちんと伝えることはとても意味があることです。持ち込んだときに口頭で伝えるのもいいのですが、簡単に糸で印をつけるなどの手間をかければより効果的です。

 

 

 

コートをクリーニング出さない場合でも必ずしておきたいこと

 

着ていた時間も短く1回か2回しか着ていないからとクリーニングに出さずに保管しようと考えるなら、最低でもしておきたいお手入れがあります。まずは乾燥した場所にかけて余分な湿気をきちんと取り除いて置くようにします。その後表面をブラシがけして埃などを丁寧に取り除き、防虫剤などを使用して防虫対策を施してからしまうようにします。さらに、しまっておく場所の環境も大切になります。クローゼットなどにしまう場合、内部に湿気がたまりやすいような環境だとカビなどが生えるリスクが高まります。そのため除湿剤を使ったり、クローゼット用の小型除湿機を使うなどして乾燥した環境を保つことも大切です。けれども一度でも外で着たコートはブラシをかけただけでは取り除くのが難しい汚れや目には見えない汗などがコートについている可能性があります。表面がつるりとした素材のものなどはこうしたお手入れで保管することも可能な場合もありますが、見た目には汚れがほとんどついていなくても、ウールやカシミヤなどの素材で出来たコートであればクリーニングに出しておくことをオススメします。

 

 

 

冬物のアウターはかさばるしクリーニング代金もかかるのが悩みです。クリーニング代金をできるだけ抑えるためには宅配クリーニングというサービスを利用するのも1つの方法です。自宅まで回収に来てくれたり、保管してくれるサービスを行っているところもあるので、忙しい人なら利用を検討してみるのもいいかもしれません。